いつまでもずっと

ごくごく普通のアラサー社会人男子が趣味とか思ったことについて書くブログ グラブルの話題多め

【日記】伊豆旅行記〜夏を感じに伊豆まで〜


こんにちは!もずです。

 

世間の3連休と同じように休みをもらえたので大学時代の友達複数名で集まり伊豆旅行に行ってきました。

 

旅行を趣味と思ったことはないのですが、なんだかんだ1.2ヶ月に1回は旅行に行ってるな自分…

 

ちなみに前回は富山旅行に行ってきました。

mozukuzu69.hatenablog.com

 

8月は帰省ではあるものの福岡に行きますし、結構話題に事欠かない。

 

話が逸れましたが、伊豆旅行とんでもなく楽しかったので旅行いこかなーと思ってる人にええとこやなと思ってもらえるような魅力を伝えていきたいと思います。

今回の旅の目的

何をしに伊豆に行くか…今回は「夏を感じに行く!」です。

 

大学時代ワイワイやってた人たちと海行ったりBBQしたり、酒飲んでガヤガヤやったりと、

それなりの人数でガヤガヤするので名所周りというより、貸別荘でも借りてはしゃぐぞーというのをメインに据えました。

宇佐美海水浴場へ

東京から伊豆は手段にもよりますが2.3時間でいけます。

僕の場合は新宿から熱海に行って伊東線に乗り換えて宇佐美で下車。だいたい3時間。

伊東を目指す場合だと踊り子が直で止まるのでかえって早いかもしれませんがあいにく宇佐美は普通しか止まらないので熱海乗り換えが必要になります。

 

伊東市には今回訪れた宇佐美海水浴場の他にもオレンジビーチなんかもありますが、

2019年(令和元年)伊東の海水浴場海開き♪「宇佐美海水浴場」 | 貸切温泉付きコンドミニアムホテル ガーランドコート宇佐美【公式ホームページ】

こちらのサイトで確認したところ宇佐美は海開きしてて他のサイトでオレンジビーチは20日と書いてあったのでまだだということで宇佐美にしました。

 

3連休中の伊東市の天気は悪く、泳ぐなら13日の朝しかないということで最初に海でした。

f:id:mozukuzu69:20190715160833j:image

写真は灰色で、泳げるのか…って雰囲気もありますが意外とすぐに水の冷たさにも慣れて泳げました。

 

リンク先にも書いてありましたが、宇佐美海水浴場は砂浜が気持ちいい!砂浜を歩いてるだけで海を感じられます。また、水は綺麗で曇り空ですが底はしっかり見える。晴れた日だったらなおさら綺麗だったんだろうなーと少し残念ではありました。

 

浅いところが多く結構岸から離れられますが、たまに底に岩があるので踏んで怪我しないように海底が見える範囲で泳ぐことをお勧めします。

 

僕はつい最近まで泳げなかったんですがプール通いでなんとか平泳ぎを会得したので、海を存分に楽しめました。海水の浮力で平泳ぎだと顔が水につかないので常に呼吸ができ永遠に泳げそうでした。

次こそは晴れてる時に。

伊東駅付近で腹ごしらえ!初めてのうずわを食す

BBQの買い出しを行うために伊東駅へ移動。

泳いでお腹が空いたのでまずは腹ごしらえをしようということで駅付近を散策。

 

するとうずわなる魚を食べられる店を発見。うずわとは…?ということで「まるたか」へ。

tabelog.com

リンクのサムネになってるのが「うずわ」ですね。

ソウダガツオのことを伊東ではうずわと呼ぶそうで、そのうずわを青唐辛子と一緒にタタキにして食べる漁師飯をこのまるたかさんでは出してくれます。

 

食べた感想としては、酒飲みが好きそうな味…ですね。

とてもうまいです。うずわのねっとりした食感と濃厚な旨味に青唐辛子のピリッとした味が最高にあって無限に食べられそう。

 

最後に出汁をかけてひつまぶしのような感じで食べられるのですが、個人的には生の状態の方が好きですね。今度行った時は最後まで生で食べちゃうかもしれません。

 

初めて見た興奮と一口目の旨さで写真は取り忘れています…

伊東駅周辺でBBQの食材集め

BBQをやるためには食材調達が必要。かと行って東京から持ってくるのは大変。

泊まる場所は伊豆高原なのですが、伊豆高原まで行ってしまうとあまりスーパーなどが近くにない。ということで伊東で調達が一番だと思っています。

 

伊東駅から少し歩くとスーパーマックスバリューがあり、肉とお酒をここで調達。

 

そしてせっかく伊豆らへんに来たのだから港で取れた海鮮も食べたい!

ということで訪れたのが、「中野鮮魚店」さん

ito-nakano.com

店頭には「お魚マイスターがいますなんでも相談してください」とすごく頼り甲斐のある文面が…というわけで「BBQで焼くのにお勧めの海鮮ありますか?」と聞くと、「それなら今はあわびか、ハマグリか、サザエがありますねー」という返答。

 

その中でサザエがいい大きさで1個150円〜180円だったのでサザエをいただくことに。

こんな感じで伊東であれば海鮮も肉も酒も取り揃えられるかと。

いざ伊豆高原ロイヤルシャトレーへ!

食材を揃えたら伊豆高原へ移動。

目指すは貸別荘のロイヤルシャトレーサイトに行くとホームページビルダーで作られたかのような雰囲気、けれどもじゃらんでの評価は127件あり星5!

なんだここは…ということで行くことにしました。

 

今回11人で訪れたので棟一つ貸していただけたのですが、綺麗で広々しててすごく過ごしやすい空間でしたね。

f:id:mozukuzu69:20190715164753j:image

オーナーさんはホスピタリティとユーモア溢れる人で、BBQのやり方などを丁寧に教えてくださったり、夜は存分に騒いでねーあ、でも悲鳴はだめだよー警察来ちゃうからねーなどと笑いも交えながら親切に教えてくれました。

 

調理道具もひとしきり揃っているのでBBQ以外にもカレー作ったり鍋つつくのも楽しそうです。

 

お風呂は男女交互の時間帯で露天風呂に入ることができ、素晴らしい解放感で湯船に浸かることができます。

一人暮らしだとどうしても湯を張るのをサボっちゃいますから貴重です。

 

もちろん室内にも風呂がありますし、今回の部屋だとそれが1階2階それぞれに1つずつありました。

 

軽く風呂やお酒を楽しんだらBBQへ!

BBQは10時までだったらいつ始めてもいいよーと割とゆるい感じ。

f:id:mozukuzu69:20190715164733j:image

サザエ美味しかった…

 

満腹になった後は雑談したり酒飲んだりボードゲームしたり

もう社会人になってしばらくたつからか大学生の時のようにオールは体力持たず深夜には解散。健全。

翌朝、伊豆シャボテン動物公園へ!

ロイヤルシャトレーからチェックアウトし、伊豆高原に来たらここ行っとこということでシャボテン公園へ

 

ここは動物との距離感が異様に近いのがすごいところ。

当日は天気が悪く霧がすごかったです。

f:id:mozukuzu69:20190715170746j:image

ですので、ロストリバーデルタもびっくりなファンタジー光景が見られたり

f:id:mozukuzu69:20190715170920j:image

暖まるミーアキャットが見られたりしました。


f:id:mozukuzu69:20190715170949j:image

f:id:mozukuzu69:20190715170947j:image

f:id:mozukuzu69:20190715170942j:image

距離感はこんな感じ。

 

この距離でリスザルやフクロウに会えるので動物好きにはたまらんですよね。

まぁただ僕自身は得意ではないので一歩後ずさりしていましたが…

 

お昼はカレー好きの血が騒ぎ園内でシャボテングリーンカレーをいただきました。

f:id:mozukuzu69:20190715171008j:image

グリーンカレーとは言いますが味はスパイシーな通常のカレーです。ココナッツミルク感はゼロです。

サボテンの果肉が入っていてヘルシー、結構スパイシーでガツガツ食べたくなる味でした。

最後は伊東マリンタウンで海鮮丼

伊豆高原から再び伊東に戻り解散組と残る組にわかれました。

残る理由は伊東マリンタウンの「伊豆高原ビール(店名)」の海鮮丼をまだ食べてないから…!

tabelog.com

ここの名物はインスタ映えとでもいうようなこれでもかと盛られた漬け丼と地ビール。

 

リンク先のサムネにもなっている漬け丼は前回行った時にいただいたので今回は海宝漬け丼をいただきました。

f:id:mozukuzu69:20190715171030j:image

魚は当然のごとくうまいのですが、ここで一番気に入っているのが「甘夏スパークリング」

甘夏の酸味とビールの苦味がうまいこと組み合わさり、すごく爽やかで美味しい飲み物になっています。

f:id:mozukuzu69:20190715171055j:image

ぜひ伊東に訪れた人には飲んで欲しいですね。

 

以上伊豆旅行記でした。

伊豆はほんと何度でも行きたくなるような魅力あふれた場所です。

 

ほんとお金持ちだったら別荘持って老後とか訪れまくりたいですよ…

いや老後とは言わず今からでも訪れたい…

 

それでは!!